New Topics
賃貸アパートに住んで
賃貸アパートに住んで

賃貸物件で同棲が出来ない理由

賃貸物件は二人入居が許可されている場合を除いて、同棲をすることは禁止されています。では、なぜ同棲してはいけないのかというと、人数が増えれば物件の損傷が増えるからです。2人住めば劣化の進み具合は2倍になり、3人になると3倍になります。その為に管理者にとっては複数人が物件に住むことはリスクになります。

また、初めから同棲する場合は家賃を折半して支払っている可能性があります。もし、別れてしまったら家賃が払えなくなります。そうなれば、管理者は家賃の滞納によって収入を得られなくなります。そういった事態を未然に防ぐ為にも、複数人の同居は禁止されています。複数人住むことが出来る物件も存在しますが、そういった物件は初期費用と家賃が高めに設定されています。もし、損失を被った場合のカバーをするための設定です。同棲したい場合には管理者の信用を得なければなりません。方法としては結婚してしまったり、婚約することが挙げられます。結婚をするということは、所帯を持つということなので、簡単に別れたり仕事を辞めるわけにはいかなくなります。つまり、家賃を継続して支払ってもらえる保証があるということです。これ以外に信用してもらえる方法はありません。