New Topics
賃貸アパートに住んで
賃貸アパートに住んで

賃貸物件の契約の種類と更新の方法

賃貸物件の契約には二種類あります。普通借家契約と定期借家契約がり、前者の契約は借主と貸主の合意を持って契約期間を定めます。一般的には二年契約が多いです。一年にすることも可能ですが、契約更新の際には家賃1ヶ月分程度の更新料がかかるので、あまり短期に設定すると損をします。契約更新更新は自動更新です。契約満了の1ヶ月前にもなれば、更新をするかどうかを尋ねる書面が届きます。返答せずに契約満了を迎えた場合は自動更新になります。

普通借家契約では借主が契約更新を申し出た場合は、借主に過失や重大な原因が無い限り、貸主はそれを受諾しなければなりません。定期借家契約は予め契約期間が決まっています。二年契約であれば、契約満了と同時に退去しなければなりません。借主の意思は関係なく更新されません。必ず退去しなければならないので、続けて住みたい場合はまた契約しなおすことになります。この場合は初期費用がかかるので、出来れば違う物件を選ぶことが大切です。定期借家契約のメリットは、迷惑をかける借主を早く追い出せることにあります。しかし、人の入れ替わりが激しいので住民同士のトラブルも多くなる可能性もあります。よく考えて契約方法を選ぶことが大切です。

関連サイト