New Topics
賃貸アパートに住んで
賃貸アパートに住んで

高齢者向けサービスが付加された賃貸住宅

高齢者であることを理由に入居を断る賃貸住宅が実際にあるのかどうかは知りませんが、賃貸暮らしをしている高齢者が、年齢と共に住まいの確保が難しくなってくるのではないかという不安を抱えていることは事実です。今後ますます増える高齢者の住宅を確保するため、政府はこれまでも高齢者が住宅を確保しやすくする政策を行ってきました。サービス付き高齢者向け住宅もそのひとつです。定期的な安否確認や生活相談窓口を設けることなどが義務付けられています。高齢者向けの賃貸住宅ですので、高齢を理由に入居を断られることはもちろんありません。

他にもいろいろと条件はありますが、それらをクリアした物件であれば、建設費用の一部が補助されたり、税制面で優遇を受けたりできます。貸主にとってもメリットがあるというわけです。介護や医療サービスは義務付けられていませんが、それらを提供して付加価値を高めている物件もあります。サービスは無料ではありませんので、サービスが充実するほど家賃もしくは利用料が高くなります。自分のことは自分でできる元気な高齢者は最低限のサービスの物件を選ぶなど、自身の状況に応じて選べるところがメリットです。高齢者の住む賃貸住宅の不足については心配する必要はなさそうです。

関連サイト