New Topics
賃貸アパートに住んで
賃貸アパートに住んで

賃貸だから遮音性が低いは間違い

一般的に木造や軽量鉄骨で造られた建物は耐久性や遮音性が低く、鉄骨や鉄筋鉄骨は高いといわれています。建設コストが抑えられがちな賃貸住宅は、RC造であってもプラスアルファの遮音性を高める工夫がされていないので、マンションでも音が響くのは仕方がないものと思っていました。マンションで静かな生活を送りたいなら、壁や床を厚く設計された分譲マンションを買うしかないと思っていました。しかし私が少し前に住んでいた賃貸マンションは、見た感じごく普通の建物で、家賃も高くありませんでしたが、上下左右の音が全く聞こえてきませんでした。

私が賃貸住宅を選ぶ時、建物全体を観察します。隣の部屋との距離が短ければ、それだけ物音は聞こえやすい構造ということになります。できるだけゆったりとした設計のマンションを選びたいと思ってそれを確認するのですが、やはり賃貸住宅は1戸でも多く確保したいからだと思いますが、ゆったりとした設計の物件は滅多にありませんでした。物音が聞こえなかったマンションも、特別上下左右の距離にゆとりがあったわけではありません。これまでと同程度には物音が聞こえるだろうと思っていたのですが、住んでみたらこれまで住んだどんな賃貸よりも静かでした。何か工夫されていたのだと思います。賃貸だから壁が薄い、遮音性が低いという決め付けは改めようと思いました。

関連サイト