New Topics
賃貸アパートに住んで
賃貸アパートに住んで

賃貸の敷金は損ではない

賃貸を借りる際に支払う初期費用は金額が大きくなるほど損なイメージがあります。例えば、礼金の場合はそもそも大家さんにお礼のためにお金を支払うわけであり、その金額は大きいほど損をすると言えます。しかし、賃貸初期費用の中でも敷金だけは損をするわけではないので覚えておきましょう。敷金を支払うことがどうして損ではないのかと言うと、これは後から返してもらうことが出来るからです。基本的に敷金は支払いをするというよりも預けるという金額です。何かのためにお金が必要になった時は敷金から差っ引かれます。そのため、特に費用がかからないなら敷金は返してもらえます。

賃貸を選ぶ時は上記のように敷金だけは他の初期費用と内容が異なることを知っておきましょう。敷金があるからと言って損をするわけではありません。むしろ、人によっては賃貸に関して何かのために費用が必要となった場合、急にお金を用意することが難しいケースがありますが、そんな時でも敷金がある賃貸ならそこからお金が使われるため楽でもあります。

賃貸の敷金は他の初期費用とは異なりやや特殊です。賃貸契約が終わる時に費用がかからないと返してもらうということを覚えておくと良いです。

関連サイト