New Topics
賃貸アパートに住んで
賃貸アパートに住んで

賃貸物件の仕組みを知って上手く交渉をする

賃貸物件を探す際には不動産会社を利用します。賃貸物件を借りることで誰が得をするのかを知って、家賃交渉や初期費用の交渉を上手く進めることが大切です。不動産会社は仲介手数料として、借主と貸主から利益を得ます。通常は貸主と借主で仲介手数料を折半しますが、近年では借主が全額負担する仕組みを作っている会社も多いので注意が必要です。仲介手数料の上限は家賃の1ヶ月分です。これを越える場合は明らかに法律違反です。

ほとんどの不動産会社は上限いっぱいに設定していますが、本来は借主と不動産会社の間で相談して決めます。つまり上限ぎりぎりに設定している不動産会社の仲介手数料は交渉の余地があるということです。法律のことを持ち出して、下げてもらえないか率直的に質問しましょう。タイミングは物件を迷っている時です。仲介手数料が安くなれば契約する旨を伝えれば成功の確率が上がります。物件の管理者は礼金と家賃を利益として得ています。しかし、礼金は値引き交渉はしてはいけません。本来はお礼の意味を込めたお金であるので、そういったお金を値引き交渉することは心象が悪くなります。管理者は一般人なので、気分次第で契約をしてもらえないことも考えられます。

関連サイト