New Topics
賃貸アパートに住んで
賃貸アパートに住んで

賃貸住宅退居時のトラブル回避、現状回復の取決め

今住んでいる賃貸の部屋も契約が切れれば、更新をするか新しい部屋を探すかという選択をしなければなりません。また、そうでなくても、会社での転勤や、自分に向いている仕事を探し、転職などという理由で、今いる部屋を退居し、引っ越ししなければならないという時がくるかもしれません。そういう時に原状回復をめぐってトラブルが起こりやすいようです。原状回復とは、賃貸を借りている人が原因の建物の価値の減少のうち、借りた人の故意、または過失など、その他でも通常の使用の限度を超えている損耗などを復旧するというものです。わかりやすい例でいうと、タバコです。

喫煙者は最初は、部屋の外でタバコを吸うようにしますが、だんだん面倒になり、部屋の中でタバコを吸うようになる人が多いです。そういった人は、タバコの煙でだんだん部屋の壁が黄ばんでくるので、原状回復のためにお金がかかってしまうというようなものです。こういった原状回復をめぐったトラブルの原因の一つとして、自分が入居した際の物件の確認が不十分だったことが挙げられるようです。ですので、トラブルを回避するためには入居時に、住む側、部屋を貸す人それぞれが充分にチェックし、記録に残すことでしょう。

関連サイト