New Topics
賃貸アパートに住んで
賃貸アパートに住んで

賃貸で気に入った部屋を申込む時に考えること

賃貸マンションやアパートを借りる時に、不動産会社で気に入った物件を申込む際、申込み用紙の連帯保証人の欄を見ながら、誰に連帯保証人を頼もうか考える方も少なからずいらっしゃると考えます。大学の時は両親に以前は頼んでいたが、定年退職をしてしまい、収入がなく年金生活の為に頼んでも審査で落ちてしまうなどと考える方もいらっしゃると考えます。知人や友人などに頼んででも、基本的に血縁関係がない人間は連帯保証人として認められない為、不動産会社の担当者に相談する方も少なからず存在していると考えます。

不動産会社の担当者が、賃貸物件の申込み用紙に連帯保証人がいない場合や頼めない場合に紹介する会社が存在します。賃貸保証会社が連帯保証人のかわりになってくれることを認識している方は少なからずいらっしゃると考えます。賃貸保証会社を利用する時には、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険、鍵の交換代以外に、賃貸保証会社にお願いするための費用がしっかり必要になります。賃貸保証会社の料金の説明を理解しておかないと、契約金として必要な初期費用の予算を超えてしまい、キャンセルしなければならなくなった方も少なからずいらっしゃると考えます。