New Topics
賃貸アパートに住んで
賃貸アパートに住んで

賃貸住宅の家賃交渉の方法論

家賃をより安くできればそれは家計の助けになるでしょう。しかし、長年賃貸住宅に住んでいると、その状態から家賃を下げることは簡単なことではありません。住み始める時に家賃交渉ができ、それで安い賃料の家に住めればそれに越したことはありませんが、それでは住みながら家賃を下げる方法はないのでしょうか。

現在住んでいる賃貸住宅の家賃を、交渉によって下げる方法はあります。それには交渉の時期について考慮をしなければなりません。その時期とは、契約の更新時です。賃貸住宅の契約の更新の際には、更新手続きというのをすることになります。この更新手続きのときこそが、家賃交渉のチャンスなのです。大家にとってみれば、賃料収入を安定的に得られるので、そのまま住み続けてくれた方が良いのです。したがって、できれば賃貸契約を続けたいと思っているはずです。そういう心理に漬け込むことができれば、交渉はとてもしやすくなります。すなわち、退去をちらつかせながら、もし家賃を下げてくれないのであれば引越しを検討するというような、いわば理論武装をして交渉に臨むと良いでしょう。入居者が引越しをしてしまうと、部屋の修繕をしなければならず、しかもその間は空室となるので、大家にとっては不利益が多いので、だからこそそれが交渉の材料になるのです。